つるとかめと仮定する

ふらふらした雑記

チョコレート嚢胞摘出手術レポ【入院3日目・術後1日目】トイレを目指して歩け歩けぇ!の日

前日のハイライト

www.tsurucamera.com

 

  • 緊張による寝不足で吐き気つらい
  • 全身麻酔はほんとに一瞬だった
  • 寒かったり痛かったりするけどなんとかなる
  • あとは尿管、お前だけは許さない

 

さすがに手術日はいろいろあるし、いろんな管につながれて落ち着きませんでした。

でも翌日になればおおかた外してもらえます。それだけを頼りに夜を越えました…。

 

ではさっそく3日目の振り返りです!

 

 

6:00 起床からの検温、血圧測定、採血のトリプルコンボ

この日はまあまあ眠れていたのですが、やはり6時起きには慣れません。

とりあえず酸素マスクは外してもらえたのですが、そのほかの管は後々外します。

 

寝たままで採血や各種測定をするのですが、全然起き上がる気になれないというか、とても起き上がれる気がしない。みたいな。

 

あとはナプキンについた出血量を確認されました。

術後しばらくは、だらだらと出血があるとのことです。

 

看護師さんからもらったウエットティッシュで顔を拭いたらさっぱりしました。

髪もべたべたですが、シャワーは明日までお預けです。

 

 

7:00 1日ぶりの食事、座り姿勢キツイ

ついに食事の時間になり、いやでも起き上がらなきゃいけなくなりました。

 

看護師さんがパラマウントベッドをリモコン操作してリクライニングするのですが、

えげつないほど垂直に角度つけてくるのがハラハラしました。もう鬼采配すぎて。

 

でもそれくらいしないとここから一生這い上がれないよなあ…とも思うのです。恩師に感謝ですね。

たださすがにまだお腹が気になるので、完全な垂直になれたのは翌日からでした。

 

この日の朝ごはんは、3分粥・具無し味噌汁・葛湯でした。

すごくさみしいごはんなんですが、1日ぶりの食事なのでおいしかったですね…。

 

 

 

8:00 ガーゼ交換・小さな傷口とのご対面

8時ごろになると、担当医の先生が看護師さんを数人引き連れて病室へやってきました。傷口のガーゼ交換をするとのこと。

 

わたしはこのタイミングで術後初めて、自分のお腹の傷を確認しました。

今回の手術で切った個所は全部で3か所でした。

  • へその内壁の下側(10ミリ)
  • へそから左斜め下(5ミリ)
  • その傷の5センチほど下(5ミリ)

処置したのは左卵巣・子宮・右卵巣ですが、右側には傷はありませんでした。

傷口の長さは後々聞いたものですが、すべて1センチ以下なのが驚きです。

 

術後はこの傷をすべて覆えるようなガーゼを貼られていたようで、この日はそれをはがして個別にばんそうこうを貼ってくれました。

後日わかったのですが、ガーゼの下の傷にはすでに小さいテープのようなものが貼られていたようで、これで傷が開かないようにできていたそうです。

 

 

ガーゼ交換の後、胸上に貼られていた心電図が外されました。

ばんそうこうのようなテープで固定されていたのですが、外した後に水膨れのような跡ができていました。かゆかった…。

 

 

 

9:00 (祝)ついに尿管が外される・身体を拭いてもらう

待ってました!忍法尿管外し!

 

しかしタダで外してもらえるわけではありません。

  • 自力でトイレまで歩けるか

これができないと尿管は外してもらえないんですねぇ~。

実際座っているのもつらい状態なので、やはり立ち上がるのもぷるぷるしました。

加えて点滴を引き連れないといけないので、そろりそろりとしか進めません。

 

ここで今回ラッキーなことに、トイレ付きの個室に入れたんですよね。

なのでトイレまでの距離が近い!ちょっと歩けばトイレ!助かった…。

正直手術前は「トイレなんていらねえ、贅沢が」って思っていたのですが、

術後2日くらいはずっと「トイレがあってよかった…」とひたすら感謝でした。

 

地の利で尿管チャレンジを達成し、晴れて尿管から解放されました。

 

点滴だけはあと1日つけてないとだめらしく、この日はシャワーに入れません。

なので看護師さんに身体を拭いてもらい、顔は持ち込んたふき取り化粧水でさっぱりさせました。

 

セザンヌ ふきとり化粧水

セザンヌ ふきとり化粧水

 

実際持ち込んだのはSABONの拭き取り化粧水で、スースーしてさっぱりしました。

でもどんだけ拭き取っても、いちご鼻はどうにもならない!

 

術後からなんとなく察していたのですが、この日久しぶりに鏡を見たら毛穴の詰まりが最高潮に達していました。

 

もはや完全版ですよ。完全なるいちご。早くシャワー浴びたい…。

 

 

術後1日目の目標:なるべく歩く!(でもなるべく歩きたくない)

今回受けた腹腔鏡手術ですが、開腹手術に比べて術後の回復が早いのが特徴です。

術後翌日は体力回復のためにも、痛み止めを服用してでもなるべく歩くようにと指導されるようです。

 

でも正直なところ、寝てた方が楽です。

術前にこの日から歩けると聞いていたので「じゃあこの日からコインランドリー行けるな」って思っていたのですが、実際全然行く気力がなかったです。

 

 

この日は他にもいろいろミッションがありまして、まとめるとこんな感じ↓

  • なるべく歩く
  • 自力でトイレに行けるようにする
  • 尿を出し切れるようにする(膀胱炎防止)
  • おならを出せるようにする(腸閉塞になっていない)

やはりお腹を切っているためか、とにかくお腹に力を入れるのがこわい!

 

尿管を外してからはトイレの都度、残尿がないかの確認がありました。

トイレ後に看護師さんがお腹に機械を当てて、残尿をチェックするわけです。

 

尿を出し切るのもお腹の力が必要です。なかなかうまく出せないんですよねー。

これは出たなあと思って自信もってナースコールを押しても、機械で測って「あーまだ残ってますねぇ」みたいな。つらたん。

昼頃に2回目でなんとかクリアできました。

 

 

おならを出すってのも重要事項らしく、看護師さんから「ガス出た?」ってよく聞かれました。

わたしの場合歩いてたら腸が活動したのか、力を入れずともすんなり出てきました。

回診に来た先生に「ガス出ました!」というと「ほんと!よかったねえ」と褒めてもらえる謎システムがそこにありました。こんな経験もう味わえません。

 

 

 

術後困ったこと:肩が痛い

いろんな体験記を読んで把握していたことですが、肩が痛くなるんですよね。

歩いてたりすると、その振動でビリビリ肩が痛みました。

回診してきた先生に肩の痛みのことを聞くと、原因は2つあるそうです。

 

原因1:炭酸ガスによる横隔膜の圧迫によるもの

今回の腹腔鏡手術は、傷が小さい代わりに処置を体内で実施することになります。

視界はカメラで確保できますが、作業スペースは炭酸ガスで体内を膨らませて確保しているそうです。

10ミリ以上の傷口が主であれば、作業アームを抜いた際にガスも抜けるそうです。

しかし今回のように5ミリの傷口が主となると、アームを抜いてもガスが抜けにくいとのこと。

 

体内に残った炭酸ガスは徐々に体内に吸収されるそうですが、吸収される前のガスは体内を移動して横隔膜まで上がります。

溜まったガスが横隔膜を圧迫することで、肩に痛みが現れるそうです。

 

 

原因2:術中の肩の圧迫によるもの

手術中は、頭よりも足が少し高い位置になるように体勢を調整されていたようです。

足を高い位置にすることで、今回処置する子宮や卵巣付近の腸を頭方向に重力で寄せ、術中の作業スペースを確保できるそうです。

 

そこまで極端な体勢ではないものの、術中は肩で身体を支える状態となります。

この体勢により肩に負担かかかり、術後に痛みが出ることもあるそうです。

 

 

 

痛み止め:基本はロキソニン、重いものは点滴で

術後1日目ですが、痛みはかなり軽くなっていました。

歩いたりズボンのゴムがこすれたりすると痛むのですが、点滴するほどのレベルじゃありませんでした。

あと術後当日にあったような重い生理痛みたいな痛みも、あれっきりありませんでした。

 

でも全く痛みがないわけではなくて、些細な動きで傷口がこすれてイテテテ…となるのでそれはそれで気が滅入りました。

 

そんなこんなで結局この日の痛み対策は、ロキソニンだけで十分でした。

看護師さんからも「もし大きな痛みが出たら点滴で痛み止め入れるからね!」と言われていたので、安心して過ごせました。

 

 

 

まとめ:歩けるけど歩きたくない、でも歩かないといけない 

大きな痛みはないものの、 傷がこすれる痛みがめんどくさくて動くのがおっくうでした。

あと点滴もなんやかんやで痛いです。これも明日までがまんだな…と耐え忍びました。

 

翌日はいよいよ点滴が外れて、活動度が一気に上昇しますよ!

では!

 

 

www.tsurucamera.com

 

 

www.tsurucamera.com

www.tsurucamera.com