2週間続いた腰の痛みはチョコレート嚢腫の悪化が原因だったようだ

前回までのあらすじ

 最近どうも生理と排卵のリズムが狂いまくっています。

生理直後にもかかわらず、子宮内膜厚が14ミリの状態でした。

いつもはだいたいMax10ミリくらいなので、明らかに分厚い。

www.tsurucamera.com

 

加えて、卵巣の腫れが悪化していました。

血液検査の結果が紛らわしくて、一時先生が「子宮外妊娠かな…」と慌て出す事態に。

今回は卵巣の炎症であると結論付けられました。


www.tsurucamera.com

 

その翌週、めちゃくちゃ早いんですが生理が始まりました。

ところがこの生理、出血が少なすぎて全然物足りない。

内膜14ミリもあるんだぞ!こんなもんで済むはずがないんですよ…。
www.tsurucamera.com

 

先生曰く「生理をおこす薬をのむことになるかも」とのことでしたが…。

今週病院に行ったら、予想外の事態になったんですよね。

始めに言いますが、割と悪い展開です。

 

 

悪い展開:卵巣の腫れってそもそも「腫れ」で済むものなの?

生理が始まって10日目、今回の超音波検査でわかったことは

  • すでに排卵済み
  • 左の卵巣が腫れている
  • 腫れている卵巣のチョコレート嚢腫が悪化している?

とりあえず、喜ばしいことは何一つ見つからなかったわけです。

 

今回の検査で一番のヤバいポイントは、何より

左卵巣が大きく腫れてるってことです。

 

その大きさ、直径6センチでした。本来の大きさは1~2センチと言われています。

以前までは3~4センチくらいで安定していたのですが、ここ最近で一気に5センチの壁を越えてきてしまったわけです。

 

この6センチっていう大きさについて、わたしとしては「別に前も排卵後の腫れでそれくらいになってなかったっけな?」と思ってしまいました。

今回のエコー映像も、わたし的にはぱっと見いつもと同じような状態ではありました。

 

 

しかし今回の結果を見た先生からは、再度MRIを撮ることを提案されました。

先生的には、最近の卵巣の状態の悪さに加えて、今回のエコーの映り方に疑問をもったのかもしれません。

つまり、ここ最近の卵巣の腫れについて、何パターンか原因があると考えられるわけで…

  • 排卵に伴う卵巣の腫れ
  • チョコレート嚢腫の範囲拡大
  • もっと悪い状態(がんとか…考えたくないけども)

ここら辺をはっきりさせるためのMRI検査を提案しているのだと考えました。

 

 前回は3年前くらいですね。初めて卵巣の腫れを確認したときでした。

www.tsurucamera.com

 

このときも今回と同様「エコーで映る大きな卵巣の中身はなんだろう?」というのが検査の目的だったようです。

 

www.tsurucamera.com

 

とりあえず次の生理が来るまで待ち、その時点での大きさによって今後の展開が決まるらしいです。

 

 

妊娠を狙いつづけるか、手術をするか

先生曰く、この卵巣6センチという状態は要手術状態と言えるそうです。

ネットで調べてみても、大体5~6センチの大きさから手術を勧められるようになるらしいですね。

この大きさになると捻転や破裂の危険が生じるらしく、とりあえずほったらかしはだめ

っていう状態になるようです。

 

今回わたしもその領域に踏み込んでしまったわけで、この調子だと今後手術する流れになりそうです。

ただ妊娠希望の身でもあり、ここを考慮すると先生的には「治療する意味でも、まだ妊娠を狙った方がいいと思う」とのことですが…果たしてどうなるのか。

 

わたし的にも、そりゃもちろん妊娠したいですよ。待望の待望すぎるわけですよ。

しかしここ最近の排卵リズムの乱れを加味すると、ここでいったん手術も必要なのかとも思ってしまいます。

 

今回腫れが大きくなった左卵巣は、主に排卵していた側の卵巣です。

一番最初にチョコレート嚢腫ができたのは右卵巣でしたが、現在はそれ以上に左側の方が大きくなっています。

 

ここ2周期は卵胞を確認する間もなく排卵してしまっていて、どちらの卵巣からの排卵なのかわからない状態です。

このままじゃできるものもできないよな…と最近はあきらめムードでもあります。

 

 

前兆はあった:左の腰だけが痛かった

ここ2週間くらい、ずっと腰が左側だけ痛かったんですよね。

特に左の骨盤あたりが痛かったです。今までこういう痛みとは無縁でした。

最初の1週間くらいは、夜中痛くなって眠れなかったりとか。ほんと迷惑ですよ。

 

でも日頃の行いを振り返ると、仕事中とかブログを書いているときとか、正直わけわからん姿勢でキーボード打ってたんですよ。

日頃の姿勢の悪さがついに…と今回ばかりは強めに反省してたんですよね。

 

でも今回の結果でわかりました。こりゃあ卵巣の腫れが悪さしてますね。

最近は、痛む場所が骨盤側からへそ側に移行しています。まさに卵巣側です。

 

いつもの排卵後の腫れのときは、むしろ違和感すら感じてませんでした。

でも今回は明らかに痛いのがわかります。やっぱ今回は何か違うのかな…。

 

 

 

炎症対策の漢方を導入しました

病院に行った翌日、漢方の先生に状況を相談しました。

先生曰く、どの症状を改善させようとするかで処方が異なるそうです。

  • 痛みを改善したい:ロキソニンパッド(湿布)
  • 炎症を改善したい:白花蛇舌草(顆粒)

白花蛇舌草|中医学・中成薬・漢方で皆様の健康を願う|イスクラ産業株式会社

今回はもう根本から何とかしたいと考えていたので、炎症改善の処方を選択しました。

幸いにも、今回の痛みなら全然がまんできます。それよりは卵巣の腫れをなんとかしたい!

 

この白花蛇舌草という漢方、初めて服用します。

免疫力を高める効果があるらしく、がん治療としても有用らしいです。

 

とりあえずこれを2週間服用して、少しでも腫れを改善できるようにしたい…。

 

 

まとめ:年末年始、ご安全に

おそらくこれが今年最後の更新です。

今年も相変わらずネタに困らない状況で、早くハッピーお花畑な内容も書ける身になりたいものです。

 

来年もごひいきに。

では!

 

www.tsurucamera.com

www.tsurucamera.com