【妊活】体温維持のために参茸補血丸を服用。副作用は?

年始のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2018年ですね。平成30年ですね。

結婚した当初は、まさかこの年まで子供ができないとは思っていませんでした。

 

まあでも妊活開始当初に比べたら、格段に体調は良くなってます。これを糧にしてがんばります。

 

そして、もしかしたらいつも当ブログをご覧いただいている妊活戦士のみなさまへ。

わたしは妊娠するまで体験記をアップし続けます。今後も負けずに戦いましょうね!

 

 

 

参茸補血丸とは

いつも通っている漢方屋さんからおすすめされた、イスクラ産業の漢方薬です。

 

【妊活】婦宝当帰膠・双料杞菊顆粒・参茸補血丸で基礎体温を整えたい - らめかる!つるかめら

低温期と高温期で、漢方薬の飲み分けを提案されました。

低温期が実際どうなったのか?これはまた後日、高温期といっしょにまとめます。

 

 

参茸補血丸を服用してからの基礎体温グラフ

先生と相談して、排卵後から1日2回、10錠ずつの服用で開始しました。

若干低温期のネタバレになりますが、排卵後のグラフはこんなかんじです。

f:id:bequiet-screamnow:20180104092448j:image

排卵後からすぐに高温にもって行けてないのは相変わらずですね。

なかなか体温が上がらなかったので、服用回数を2回から3回へ増やしました。

 

ただそもそも参茸補血丸の服用目的は、高温期をなるべく長く維持することです。真骨頂はこれからだ…と信じていますよ。

 

排卵後1週間あたりから、37.0前後を維持できるようになりました。

これをいかにキープできるかですね。がんばってくれ体温。

 

 

ちなみに副作用は:なんともない

お腹壊したりとか、頭痛がとか、そういう弊害は今のところないです。

すこぶる快調です。体温維持に加えて生理痛緩和にも効くそうなので、それも楽しみなところ。

個人の体質によって異なるかと思います。服用する際は、購入先のプロに是非ご相談を。

 

 

 

まとめ:ちゃんと自分でも温めないとね

薬だけ飲んでお腹出して寝てたら意味ないんでね。

過信せずに暖かい格好で過ごしてますよ。カイロ優秀!

 

 では!今年もよろしくお願いします!