【妊活】双料杞菊顆粒で基礎体温はどう改善されたのか?

基礎体温を整えようとしています

 前回のおさらいです。

www.tsurucamera.com

 

イスクラ漢方3種(婦宝当帰膠・双料杞菊顆粒・参茸補血丸)を購入しました。
購入したお店の方と相談して、これらをこんなかんじで服用することに↓

 

さっそく双料杞菊顆粒を飲み始めて1週間経ちました。

実際に基礎体温がどのような感じになっているのか、まとめましたー!

 

 

 

双料杞菊顆粒(そうりょうこぎくかりゅう)とは?

f:id:bequiet-screamnow:20171214110141j:plain

今回初めて飲むことになった漢方なので、わたしまだ知識が浅いです。

中医学的に表現すると補腎の働きがあるそうです。

腎臓や生殖器官、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系の働きを助けるそうな。妊活うんぬんだけの漢方ではないんですね。

体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:

かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下

(引用) https://www.iskra.co.jp/product/tabid/79/pdid/69/Default.aspx

 

なんだか饒舌になってますが、すべて公式HPからの情報です。ありがとうございました。

イスクラ双料杞菊顆粒|中医学・中成薬・漢方で皆様の健康を願う|イスクラ産業株式会社

 

 

飲み始めてからの基礎体温、底上げされる

飲み始めて3日目くらい、どうもいつもより体温が高いんですよね。

いつもの低温期だと、36.3~36.7くらいの値を行ったり来たりです。

 f:id:bequiet-screamnow:20171220113346j:image

今期は全体的に体温が高めです。底上げされたように思えます。

そもそも低温期に36.7を超えるなんて、わたし的には珍しすぎる。びびりました。

何なら前回の高温期の体温とあんま変わらないよね?と思えてきたので、購入したお店で買い物がてら経過を見てもらうことに。

 

 

 「イイ感じ!」とほめられる

要はGoodだったわけです。よかったぜ…

 

そもそも今回、双料杞菊顆粒を飲むことでどのような効果を狙っていたのか。

それは 基礎体温を36.5以上に保つこと!これが服用の目的でした。

前期のグラフで説明すると、青印の部分の改善を狙っていたのです。

f:id:bequiet-screamnow:20171220113355j:image

前期は何度も36.5を下回る日がありました。これがよくないそうです。

 

ここで前出のグラフをもう一度。

f:id:bequiet-screamnow:20171220113346j:plain

やはり双料杞菊顆粒を服用することで、全体的に基礎体温が底上げされているようです。効果あり!ですね! 
 
しかしまあ、上のグラフにもあるように、36.5を下回っちゃってる日もあります。
こういう日はどう対処すればよいか、これもお店の方に教えてもらいました。
 
 

体温に合わせて、服用回数を調整する

ずばり、服用回数を増やします。

f:id:bequiet-screamnow:20171214110156j:plain

パッケージによると、1日3回で一袋ずつの服用と定められています。

わたしの場合、当初は購入した際にお店の方と相談して、1日2回で服用していました。

 

で、もし基礎体温が36.5を下回りそうになった場合は、1日3回に増やすとよいそうです。確かに実際増やしたら体温上がりましたねー。すごいっす。

 

基礎体温の推移を見るのが楽しくて、今期はいたって真面目に毎日測ることができています。体温にあわせた服用の調整が必要なので、今後も欠かさず測りたいですね。

 

 

まとめ:期待

ここまでわかりやすい結果が表れるとは思ってませんでした。安いものではないのですが、コスパはなかなか良いように思えます。

順調な体温推移のようなので、今後も服用を続けます。

排卵後の参茸補血丸の服用が楽しみです。

では!