【妊活】参茸補血丸で高温期維持を図る

参茸補血丸って読めない

さんじょうほけつがん、と読むようです。むずいね。

当ブログでは婦宝当帰膠でおなじみの、イスクラ産業さんの漢方です。

カプセルとも、錠剤とも似つかない独特な様相に驚きました!

 

 

なぜ参茸補血丸を飲むことになったのか

いつもお世話になっている漢方屋さんで、例によって婦宝当帰膠を買いに行きました。

もう前回の来店で、不妊スランプに陥っていることはカミングアウト済みでした。なので今回もそれ中心の相談です。

 

その話の中で、店主氏が考えた今後の課題は 高温期の維持 でした

わたし高温期が短いんですよね。だらだら上昇して、結局10日間くらいしかがんばってくれません。

 

そこで、高温期状態をなるべく長く維持できるように、お試しとして渡されたのが参茸補血丸です。

f:id:bequiet-screamnow:20171130175851j:image

これはリニューアル前のものらしく、現在販売されているものはもっと飲みやすいらしい。

2個いただきました。ありがとうございます!

 

 

ロウに包まれたGANTZ的なもの

お店で服用方法を聞いたのですが、なかなか独特で驚きました。こりゃ対面で聞かないとわからんわ…

 

まず開けるとこんなかんじ

f:id:bequiet-screamnow:20171130180935j:image

ホワイトチョココーティングのトリュフ(金箔のせ)みたいですが違います。

そもそもこのホワイトチョコ部分は食べられないです。ロウだそうで!わからん!食ってまう!

 

目標は、黒い球体です。GANTZです。

で、このロウをどう突破するかというと…押して割ります。

チョコエッグ的な部分が見えるので、そこが割れるように体重をかける!すると割れる!

f:id:bequiet-screamnow:20171130181400j:image

こんなかんじでね。チョコエッグさながらです。

f:id:bequiet-screamnow:20171130181455j:image

たどり着きましたね。これが参茸補血丸の本体です。

 

 

今回の服用方法も相談済み

これをただ単に持ち帰らせるだけでなく、飲み方の作戦も立ててくれました。ほんと優しいお店です。もっとがめつく儲けてほしい。

 

本来は1日1丸飲むものらしいです。ただ参茸補血丸は、他の漢方に比べて味等飲みにくいとのこと。

なので今回は、これを朝晩半分ずつのむように勧められました。

包丁で切れると言われたので実践。案外柔らかいです。ハイチュウとかキャラメルみたいです。

f:id:bequiet-screamnow:20171130182232j:image

見た目おいしそうなトリュフですが、香りは渋めのプルーンみたいな感じです。

 

で、服用する日について。

店主氏が悩みに悩んだ結果、高温期の5日目と8日目に飲むことになりました。

今回は高温期維持のために飲むのですが、「飲むのが遅いと間に合わないかも」とのことです。

この日取りは、わたしの前期の基礎体温グラフを参考に決めてもらいました。個人差ありです。

 

 

まとめ:明日飲むので味はまた次回

そうなんです、まだ飲んでないんです。

匂い的にはいかにも渋そうですが、わたし味オンチの傾向があるのできっと大丈夫だと思ってます。

ちなみに1個300円くらいします。常用はハードル高いな…

では!