ついに人工授精を勧められました

クロミッドに頼り始めて半年

もうずっと飲んでるような気持ちでいたのですが、どうやらまだ半年らしいです。

「今回妊娠しなかったら、作戦を変更してみようか」と先生から提案されました。

その案が…そうです、人工授精です。

 

 

人工授精に肩を叩かれる段階になりました

先生からざっくりと説明を受けました。

旦那さんに頼んでシリンダーに入れてもらった子種たちを、注射器的なもので子宮内に注入するとのこと。

 

抵抗を感じる人もいるらしく、無理強いはされませんでした。

ちなみに金額は6千円くらいらしい。なるほど、もっとべらぼうに高いと思ってました。

 

 

なんだか旦那に申し訳ない

体外受精を提案されて思ったのは、ついに旦那を巻き込むことになったか…という気持ちです。

 

これまでの通水検査やホルモン剤の服用は、何なら自分だけやってればよかった話なんですよね。

でも人工授精を試すとなると、旦那にシリンダーを渡して、という、なんというか…マジ申し訳ないって気持ちでいっぱいですよ。

 

おそらくわたしがなかなか妊娠しないのは、自分の体質の問題であって旦那は悪くないようなんですよね。

いや調べたら何かあるかもしれないですけど。とりあえずフーナーテスト的なものの結果からすると、ってやつです。

 

要は、わたしのせいで巻き込んでマジごめんって気持ちなんですよね。

おそらく旦那はうだうだ言わずに協力してくれそうなのですが、そうであってもやはりマジごめんって気持ちです。

はやく旦那を父にしてやりたいです。あーあ。

 

 

ホルモン剤の注射も提案された

いま飲んでるクロミッドの代替として、ホルモン剤の注射を提案されました。

排卵前に3回打つそうです。セルフなのかな?ちょっとちゃんと聞いてなかったっす。

 

この注射によって、1割の確率で双子が産まれると言われてるそうです。なるほど。

あと卵巣の腫れは起こらないようです。そういうメリットもあるんだなぁと。

 

わざわざ注射するってことは、それなりに効くってことなんだろな…セルフじゃなかったらやってみたいけども。

 

 

まとめ:人工授精は旦那と相談です

わたしは正直あまり気乗りしないのですが、抵抗を感じるってほどではないんですよね。

むしろ興味あるんですけど、やっぱりあまり気乗りしないので旦那に後押ししてもらう形になるかと。

では!