【結果】クロミッドあり・なしで排卵はどう変わったのか?

結論から言おうか

…やっぱクロミッドあった方がいいっすね(疲弊)

 

もう何周期服用してたか忘れちゃったんですが、たぶん半年も経ってないかな。

クロミッドを服用することで、排卵日が予測できやすくなりました。

おかげでタイミングが取りやすくてありがたかった。しかもちゃんと卵胞は育ってるし。

 

 

早すぎる排卵をどうにかしたかった

そもそも、わたしがクロミッドを服用することになった理由はこれです。

  • 排卵日が予測しやすくなる
  • 排卵時の卵胞の大きさが均一になる

 

服用前のわたしは、とにかく排卵が早かった。

だいたい生理開始14日目に排卵があると言われていますが、わたしのは10日目にはもう出てます。

ひどいときは8日目とかね。早すぎて忘れるよね。まあ忘れないんだけどね。

 

これがクロミッドを飲むと、だいたい14日目あたりにそろうっていう話です。ありがたや。

ただ服用には注意が必要らしく、今期は卵巣の腫れを案じて服用中止となりました。

 

 

で、実際何日目で排卵するのか?

先程話したクロミッドの効果は、一般的な話です。実際は人によりけりのようですね。

クロミッドを飲む前、服用していた頃で比較するとこんなかんじです。

 

(生理開始日からの日数です)

服用前:8〜10日

服用時:12〜13日

 

やはりね、服用した方が標準の14日に近づくんですよね。13日目ってのは服用前からしたら到底たどり着けない領域でした。

現に服用できなかった今期は、10日目の時点で排卵してしまってました。病院でのタイミング指導が間に合わなかった。

 

あとわかったのは、クロミッドを飲むことは根本的な治療にならないってことです。

あくまでもホルモン剤なので、そのときだけの効果なんですね。ポケモンで言うと、クリティカッター的な。

 

 

まとめ:卵巣の腫れは治ったので次は使えるな

ということで、次期分のクロミッドをもらいました。うむ、次は使える。

クロミッドお休みしてるときに割と妊娠しやすい」って先生は言うのですが、そんなうまい話があるんですかね。さすがにうますぎでしょ。そんなのメシウマすぎるよ。

では!