2016年度わが家でいただいた引き出物(11件)の傾向まとめ

今年度は夫婦で合わせて11件の披露宴に呼んでもらいました。いやぁ、結婚ラッシュですね。

 

 

引き出物を送る・受け取る人間の世代・間柄

f:id:bequiet-screamnow:20170318163620j:plain

構成に影響しそうな、送る側・受け取る側の関係性を説明しますね。

  • 送り・受け取り共に 20代後半の男女(既婚)
  • 学生時代からの友人の間柄

おそらく上司・部下の関係だったりするともっと構成は変わると思われ。今回は気軽な間柄での話と定義付けます。

 

 

引き出物の構成の傾向

引き出物の種類数は奇数になると縁起がいいと言われるそうです。(だいたい3、5くらいが一般的では?と思われ)

今年度我々夫婦がそれぞれ出席した披露宴は11件で、9:2の割合で3種類が多かったです。残りの2件は5種類で、引き出物を充実させる風習がある地域の特徴のようです。

 

種類数毎の引き出物の内訳はだいたいこんな感じです↓

3種類の場合

  1. 甘い系の食品(焼き菓子・パンなど)
  2. カタログギフトもしくはコップなどの食器
  3. 保存の効く食品(かつお節・お茶漬けなど)

 

5種類の場合

 (上記の1~3は共通です)

 4. お皿・タオルなどの生活用品

 5. お餅・まんじゅうなど地域に根付いたもの

 

次で、この内訳の具体的な品を順に紹介していきます。

 

 

 1. 甘い系の食品

まずはこれです。バウムクーヘン。大きいやつ。

わたしもバウムクーヘンを選んだんです。でも最近いろんな種類があるみたいで、実際もらったのは小さい個包装がいくつか入ったタイプがほとんどでした。

たしかに個包装の方が単身者には食べやすいよなぁ。気配りやなぁ。

 

実際食べてみて満足度が高かったのは、ホールのケーキ・デニッシュパンですね。そこそこ日持ちするし、なによりおいしい。ほんと新郎新婦は食べてみてほしい。

ホールの洋梨タルトをもらったときはめちゃくちゃテンション上がりました!あれはどこのメーカーなのか…わすれてしまった…

デニッシュパンは、各社販売してるようです。わが家が貰ったのはおいしい3色デニッシュでした。

[rakuten:piary:10056539:detail]

 

 

2. カタログギフトもしくはコップなどの食器

カタログギフトはよくもらえます。でも案外他と被らないのが不思議です。一番おおっ!ってなったのは日本の技術押しのシリーズでした。

カタログギフトっていつも食品かボディーソープとかにするんですよね。モノは見ててもピンとこない。でもこの中身は品質高そうな良品揃いでした。旦那うらやましい。

 

実際カタログギフトを貰えることが主なんですが、ごくたまーに食器をもらえたりします。これが結構おしゃれな食器でうれしいんですよね!

[rakuten:shiawasesouko:10001191:detail]

よく貰うのが「MAORI」ってとこの品で、これは食器に限らず今回いろんな場面で目撃しました。ほんと押しなべてオシャンティーです。これをもっと早く知っていたらなぁ…

www.horisho.net

 

 

3. 保存の効く食品

最もよく入っていたのはかつおでした8割は越えてた。きっと縁起物と聞くと選ぶ方も引き寄せられるんですね。

一重にかつお節と言っても梱包はたっくさんあるのです。プランナーさんにどっさり引き出物カタログを貰ったのですが、ほんとに種類豊富。さすが縁起物。

ただ、元寮生の旦那に言わせると「料理しないやつがかつお節もらっても困る」そうなので相手は選んだほうが良いのかもしれません。主婦はうれしいんですよ!

 

あとはお味噌汁ですね。魚形のモナカが入ったやつは作ってて楽しかった!

珍しかったのはジャムです。例の「MAORI」の白桃ジャムはおいしかった。他メーカーもいろいろ販売してるみたいですね。

 

 

4. 生活用品

まずはお皿!宇野千代さんは引き出物界の常連のようです(親世代が食いつきます)。

あと貰ったのはタオルです。今治タオルはふかふかでやっぱり良いです。バスタオルは嬉しかったですね。

 

 

5. 地域に根づいたもの

例えば地元の和菓子屋さんのまんじゅうとか。紅白まんじゅうは意外と珍しいです。

あとは富山の蒲鉾とか。こういう地元感のある品がもらえる機会は貴重です。たのしい。

香川だとおいり。ただこれはお見送りのプチギフトでもらうことの方が多いですね。

 

 

6. おまけ:プチギフト

披露宴の帰りに新郎新婦から手渡されるのがプチギフトです。よくもらえるのはクッキーですね。

ウェルカムボードにもなるタイプも何件か遭遇しました。

[rakuten:piary:10039327:detail]

 

ちなみに我々の披露宴ではおいりを渡しました。

[rakuten:izutsuya-online:10058723:detail]

おいりって量の割に値段が優しいのです。香川の地元のお菓子屋さんに依頼したのですが、値段の割にたっぷり渡すことができました。費用対効果バツグンです。おすすめです。

 

まとめ:今年度のベスト引き出物は「MAORI」

ほんとオシャンティーなんです。衝撃。多分親世代のそれが「宇野千代」なら、我々世代は「MAORI」だと思う。これ受け取った人はきっと「自分もここにしたい!」って思うやつ。わたしはもう手遅れです…くやしい。

 

bequiet-screamnow.hateblo.jp

bequiet-screamnow.hateblo.jp

 

では!

 

bequiet-screamnow.hateblo.jp