茅乃舎だし無双(2)炊き込みご飯

 前回記事↓

bequiet-screamnow.hateblo.jp

 

 

茅乃舎だし無双(2)炊き込みご飯

 きのこの炊き込みご飯を作りました。楽ちんです。そして今回も袋は破ります。もったいないですもん。

 これはお店で購入したときにくれるレシピ冊子からアレンジしました。というか単に分量を倍にしただけです。あと舞茸としいたけがなかったのでえのきにしました。あときのこの分量を適当にしました。あときのこへの味の漬け込みをすっ飛ばしました。これで全部かな

 

材料

  • 米:2合
  • きのこ(今回はえのき・しめじ):ひとつかみくらい
  • ざく切り油揚げ:半つかみくらい
  • 水:炊飯器の目盛りに合わせた量
  • 茅乃舎だし:1袋
  • 酒:大さじ2
  • 醤油:大さじ1

醤油は大さじもう1杯入れてもいいかもしれないです。上の分量だと風味を楽しむ系炊き込みご飯になりますが、おかずがないと物足りなく思う人もいると思われ。

 道具

  • 炊飯器(今回のは3.5合炊き)

 作り方

1きのこを食べやすい大きさに切る(MAX口の幅まで目安)

2米を洗う。炊飯器の釜に米待機。

3炊飯器の釜に酒・醤油・釜の目盛りに合わせた量の水を入れる

4茅乃舎だしの袋を破った中身を入れる。軽く混ぜる。わたしは混ぜ忘れています。

f:id:bequiet-screamnow:20170305093025p:plain

どんどん続きます~

 

 5.米の上にきのこ・油揚げをのせる。

f:id:bequiet-screamnow:20170305093420p:plain

 

6.10分くらい放置

7.炊飯

f:id:bequiet-screamnow:20170305093551p:plain

 

8.ひと混ぜして余分な水分を飛ばして完成!

f:id:bequiet-screamnow:20170305093602p:plain

今回の量でお茶碗4~5杯分くらいできます。炊飯が佳境に入るとかつお節の香りがしてきてはらへりを増進させます。

 

反省

きのこに味をしみさせる工程を入れるべきだった。おそらく醤油と酒はきのこに和えてから炊飯器に投入するべきやったんやろな。だってレシピ冊子にもそう書いてあるもん。

 

鮭入れて炊くのもおいしそうです

だしパックの中身を投入することで、ややこしい出汁の分量をすっぽかして炊き込みご飯を作れます。おすすめです。今度は塩鮭を入れたのも作ってみたい。

 

では!