つるとかめと仮定する

ふらふらした雑記

【速報】チョコレート嚢胞の手術受けてきたYO!

先日、無事終了

腹腔鏡手術にて、両卵巣のチョコレート嚢胞をやっつけてもらいました。

 

手術翌日から歩行訓練ということで、展開の早さに驚きました。

仕事復帰はまだ自信ないですが、徐々に本来の人間らしい生活を取り戻しています。

 

とはいえ1週間がかりの手術・入院なので、こんな大イベントを1ポストで終わらせるわけにはいかないよね?!?!!

 

 

手術してわかった現状について

後日改めて具体的な報告をしますが、速報としてお話ししたいことは

  • あちこち癒着していたらしい
  • 卵巣の捻転もしていたらしい
  • 子宮も向きがおかしくなってたらしい
  • でも卵管は結構丈夫だったらしい

 

こんなかんじですね…。

大きくなってる卵巣のサイズなどは超音波検査でわかりますが、実際の癒着状態は現物を見てみないとわからないものです。

確かに検査結果で各所に「動き悪い」とは書かれていたものの、まさかここまでとはな…みたいな。

 

痛み始めたのは2ヶ月前くらいからでしたが、痛む以前から潜在的に悪化していたのかなぁと思います。

 

実際に痛む前の自覚症状といったら、やはり月経困難症くらいでして…こういうのって痛み止め飲んでスルーしてしまいがちですよね。

これは知らないうちにチョコレート嚢胞ができて、どんどん悪化させてる人多いのでは?!と考えてしまいました。

 

 

まとめ:手術してよかった

後日詳しいレポートを上げますが、手術してよかったという思いは変わりません。

 

大前提として、手術しないで済むことが一番良いのは明らかです。

たしかに手術直後は辛いし、次の日もそれ以降も辛いとこはあるんですが…。

 

しかし今思えば、あんな癒着だらけの状態で、なおかつ痛み止めが手放せないような体調で、がまんして生活してたなんてマジありえないです。

 

手術後の思いとしては…短絡的かもしれませんが、生まれ変わったぞー!という気持ちでスッキリしています。

とりあえず詳しくは後日!ということで、今日はゆっくり休みます…。

では!